学校案内

学校長からのご挨拶

霊峰筑波を西北に望み、水潤う霞ヶ浦のほとりに我が学び舎はあります。名前の由来は古く、奈良時代初期の713年に編纂された「常陸国風土記」に載る「香澄郷」に由来するといわれます。当時の様子は「国広く、山も遥かに、田畑は肥え、広野の拓けた良き国である。海山の幸にも恵まれ、人々は安らぎ、家々は満ち足りている。田を耕し、糸を紡ぐ者たちには、貧しき者はない。」と書かれています。本校の教育もまた、このような素晴らしい郷土を受け継ぎ、世の中の繁栄と幸福の創造を担う人物の育成を図ることにあります。また、第5代校長であり農林大臣を務められた赤城宗徳先生が私たちに投げかけられた「人生夢失う事勿れ」というメッセージも本校の教育の根底に流れている精神で、霞ヶ浦スピリッツの源泉がそこにあります。一生一度の人生で「将来なりたい自分は何なのか」、「そのために必要な力は何なのか」、「そして今やるべきことは何なのか」を私たちと一緒に考え、学び、成長して生きましょう。

学校長 下田 陽一郎

ページの先頭へ戻る