学校紹介

学校紹介
校長あいさつ
学校の歴史とあゆみ
校内案内
アクセス

校長あいさつ

人生夢失うことなかれ

学校長 下田 陽一郎

 本校は、昭和21年に霞ヶ浦農科大学付属の霞ヶ浦農学校として創立され、今年度で70年目を迎え、卒業生も2万数千名に達します。創立以来、5つの校訓(至誠・自由・責任・勤勉・敬愛)を掲げ、その実践による教育活動を通し、文武両道を基本に日々精進しています。生徒は言うまでもなく、保護者・職員の三者が、思いを共有することにより“社会に貢献できる人材”を目指し使命感を持って教育活動を進めてきました。今後も現状に甘んじることなく、社会の変化に柔軟かつ、適切に対応することにより着実に成果を上げていきます。
 人は、何のために学ぶのか、その目的は2つあると思います。一つは自分自身の人生を精神的にも経済的にも豊かなものにすること、もう一つは、能力を遺憾なく発揮し社会貢献することにあります。学びとは、“いま”はもちろん“これから”のためのものであり、一生続けていく必要不可欠なものであると考えています。 本校は、「夢失勿人生」(人生夢失うことなかれ)の教育理念のもと、「希望が叶えられる学校」「夢を実現できる学校」を目指しています。単なる知識や技術の習得に止まらず、自ら進んで学ぶ姿勢と主体的に物事を判断し、行動することができる人材を育成していきます。さらに、集団生活を営む人間社会において、自由や幸せを維持するため、人間がつくりだした知恵である“規律”も大切なものとして、高校生活を通して団体生活における役割の自覚と責任を学んでいきます。
 自分の人生をいかに生きるかの、明確な目標をいち早く見極めることが、高校生活を充実させるために必要です。夢を叶えようと思えば、人は変わらなければなりません。「過去と他人」は変えられませんが「未来と自分」は、変えることができます。
 霞ヶ浦高校は,職員全員で生徒一人ひとりの“個性・能力・適性”に応じた指導を粘り強く続けていくことをお約束いたします。

学校長 下田 陽一郎