霞ヶ浦通信

2017年5月17日
歩く会が行われました。

5月14日,本校の3大行事の1つである歩く会が行われました。
今年のスローガンは「友達と絆で開く完歩のトビラ」でした。

浮島コース38km,古渡コース30kmでしたが,1年生にとっては,初めての歩く会で苦しい思いをした生徒もいたでしょう。しかし,先輩たちに励まされ,クラスメートと助け合い,達成感や充実感を味わうことができたと思います。
今回の歩く会を通して,生徒一人一人が,大きく成長することが出来たことと思います。
また,学年の枠を超えて互に声をかけ合う中で,人を思いやる心が育ったことと思います。
また,学校行事に対しいつも積極的に参加・協力をしてくださる保護者の皆様,朝早くからありがとうございました。

2017年5月10日
霞ヶ浦高校3年12組との合同授業が行われました。

4月28日(金)に本校の3年生と併設する霞ヶ浦高校の3年12組〔特進選抜〕との合同授業が行われました。
国語の授業の一環として「論理エンジン」を題材に,評論文の内容を図式化していこうという活動を行いました。
初めに基礎として,読解方法を学び,その後に霞ヶ浦高校の入試問題を活用した読解していく授業の流れでした。
中学生と高校生の混合でグループを組んだこともあり,最初は緊張している様子でしたが,班を作ってグループ活動が始まると,「なるほど」「分かった」などという声も聞こえ,表情もだんだんと普段の顔に戻っていきました。
この学習を通して,読解力を身に付けることともに,高校生との交流や高校の授業を体験したことが生徒たちにプラスに働いてくれればと思います。

2017年4月12日
第9回 入学式が行われました。

4月8日(土)に霞ヶ浦高等学校附属中学校として初めての入学式が挙行されました。

担任による呼名では,入学生21名の元気な返事が響きました。
まだ,緊張した表情をしていましたが,これから始まる中学校生活に少しでも早く慣れ,楽しい思い出を一緒に作っていきましょう。

2017年4月12日
平成29年度1学期の始業式が行われました。

本日,4月7日(金)に平成29年度1学期の始業式が行われました。

始業式の前に着任式が行われ,新しく着任された竹内祐太先生,福原侑樹先生の紹介が行われました。

始業式では,3年生の矢口さん,2年生の金子さんが,学習面,生活面などについての新年度の目標を発表してくれました。気持ちも新たに,学校生活をスタートしてくれればと思います。
また,生徒の笑い声や驚きの声も出る中,担任等の発表も行われました。

今日から,霞ヶ浦高等学校附属中学校としての学校生活が始まります。
何事にも積極的に取り組み,成長できる1年にしましょう。

2017年3月13日
第6回卒業式が挙行されました。

3月11日(土)第6回卒業式が挙行されました。
霞南至健中学校の最後の卒業生として,21人全員が晴れやかな顔で卒業していきました。歩く会,体育祭,橙霞祭などの学校行事では,持ち前の明るさと行動力で後輩たちを引っ張っていってくれました。いつも教室から聞こえてくる笑い声が聞けなくなると思うと寂しいですが,21人全員の更なる成長と幸多き未来を教職員一同願っています。6期生の皆さん,ご卒業おめでとうございます。

また,保護者の皆様におかれましては本校の教育理念を理解し,教育活動にご協力いたただきましたこと感謝しております。ありがとうございました。

2017年3月9日
3年生を送る会が行われました。

3月4日(土)の3・4時間目に3年生を送る会が行われました。
生徒会が企画した「さらわれた先生を救出せよ!」という校舎内を回って謎を解いていくゲームや、生徒が考えた問題で行う○×ゲームが行われました。
1年生から3年生までの混合チームで活動し、卒業前の思い出を作ることが出来たようでした。
その後、教員作成による3年生へのスライドショーが上映されました。1年生のころの写真もあり、成長した姿や懐かしい思い出を振り返ることができました。また、見ている3年生は笑いや涙など様々な表情を見せてくれました。
最後に1・2年生から3年生へ旅立ちを応援する「Tomorrow」が、3年生から1.2年生へ学校生活を応援する「勇気100%」の合唱がありました。
全校生徒にとって、今日の3年生を送る会がいい思い出になってくれればと思います。

2017年2月24日
「薬物乱用防止講話」が行われました。

2月22日(水)の5時間目に霞ヶ浦高校の1・2年生と合同で「薬物乱用防止講話」が行われました。
茨城県警察の牛久警察署生活安全課スクールサポーターの細谷秀雄さんが講師として,薬物の危険性などについてお話ししてくださいました。

最近では,芸能人の薬物のニュースを目にする機会が多く,テレビの中の話のように思いがちですが,薬物使用による事件が身近で起きる可能性があります。

今日の講話を聞いて,「ダメ,ゼッタイ」という気持ちを持って薬物と関わらないように心掛けて生活してもらえればと思います。

2017年2月21日
立志式が行われました。(2月18日)

第1部の立志式では,生徒1人1人が将来の夢や今後すべきことなどを立志の言葉として発表しました。今までの自分を見つめ直し,保護者の方々への感謝を改めて感じることのできた日になったと思います。この日を機に,新たな気持ちで前へ進んでいって欲しいと思います。
また,1年生から立志を迎えた2年生へ「巨大写真立て」がプレゼントされました。

第2部の講演会では,千葉県ダブルダッチ協会の会長である大橋将一先生が“自分にとっての「幸せのカタチ」を考えてみよう”という題目で,今までの人生を振り返りながら,夢を見据えた人それぞれの“幸せのカタチ”についてお話ししてくださいました。
「自分の答えは,既に自分の内にある。」「自分の心にいろんな経験をさせる。」「チャレンジすることが大切。」など,中学生にとってこれからの人生にためになるアドバイスがたくさんありました。その中から1つでも多くの言葉を取り入れて,これからの学校生活や人生をより良いものにしてくれればと思います。

2017年1月26日
English Day が行われました。

1月14日(土)に本校の多目的ホールでEnglish Dayのイベントが開催されました。この行事は1,2年生を中心に毎年行われているもので、英語のゲームや朗読、パワーポイントによるプレゼンテーションが行われました。今年は校長先生の英語での表彰、スピーチ、またALTの講師の先生も加わり、ゲームも盛り上がり、英語での講評もいただきました。この行事をきっかけにさらに広く英語に興味をもって勉強していきましょう。 Keep on studying !!

2016年12月14日
保護者会主催の講演会が行われました。

10日(土)に筑波大学数理物質科学系の教授、新井先生をお招きし、「身近にある化学 ~光と色を中心にして~」というテーマで講演会を行いました。

人間の目は光を感じて色々な色が見えるということを身近なものを使って分かりやすく解説してくださいました。生徒たちも興味を持って話を聞くことが出来たのではないでしょうか。また、その後の卒業生講演会では茨城大学、自治医科大学にそれぞれ進学した先輩方の話を聞き、どのようにして学習をしていけばよいか参考になったはずです。今日聞いた話を今後に生かしてもらえればと思います。また、講演してくださった方、お忙しい時間の中本当にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る