霞ヶ浦通信

2015年11月13日
11月8日(日),阿見町にあります本郷ふれあいセンターで,橙霞祭が行われました。

今回で6回目になる橙霞祭。少ない練習時間のなかで,歌や劇,映像の制作など生徒たちがアイディアを出し合い,クラス発表を作り上げました。また,合同合唱では,全員の歌声が一つになり,きれいなハーモニーを奏で,スローガンである“奏であう みんなの声と みんなの笑顔”を感じました。
その他にも,MBO決勝戦は予選を勝ち抜いた4チームが決勝に相応しい内容にパワーアップし,より良い作品を発表してくれました。有志発表や太鼓演奏も,練習した成果が出ていたのではないでしょうか。

今回の橙霞祭も,ユーモアのある発想や表現で観客の皆さまに楽しんでいただき,大盛況でした。足を運んでくださった保護者の方々,一般のお客様,本当にありがとうございました。