学校案内

学校長からのご挨拶

教育理念を支える「右文左武」の精神

授業によって身につけた力だけでは,科学技術の進歩やグローバル化の進展など,今の社会の激しい変化に対応することは困難だと言われています。このような時代において,教育の担う役割は大きく,どのような教育を進めるかということが,日本の未来をどうするかということと密接につながってきます。

本校の教育理念である「至健」とは,どんな状況下においても,泰然として動じることなく,健全で自然な流れに従って生きていくことを意味します。その心を育むためには,学問により文徳を,スポーツなどの活動により心身を研く「右文左武」の精神が大切だと考えています。「右文」と「左武」が車の両輪のようにバランスよく働くことは,人にとって最も自然な状態であり,それは至って健全だと言えます。

中学校の3年間は,生徒が心身ともに大きく成長する大切な時期です。この3年間の教育によって,生徒の将来を支える基礎ができ上がると言っても過言ではありません。生徒が,目的達成への道を正しく進めるように,また,今の社会で生き抜いていけるように,中学校教育の重要性を念頭に置き,「右文左武」の精神の基,教育活動を進めていきます。

学校長 福田信之

ページの先頭へ戻る