お知らせ一覧

治癒証明書について

茨城県では,インフルエンザ等の感染症の迅速な把握と情報の共有化,欠席生徒の健康状態の把握のため,「学校欠席者情報収集システム」を導入しています。そのため,学校では病気の欠席理由を詳細に把握する必要があります。これまでも欠席の際には保護者の方より電話連絡をいただいているところですが,以下の点についてご協力をお願いいたします。

○病気で欠席されるときは具体的な症状をお知らせください。
発熱がある場合は体温をお知らせください。風邪や体調不良という表現は避けていただき,頭痛・咳・鼻水・のどの痛みなど具体的な症状をお知らせください。

○医療機関受診後はすみやかに学校へ連絡をしてください。
その際,症状や受診した医療機関を伺うことがありますので,あらかじめご了承ください。

○治癒後,「治癒証明書」に保護者の方が記入し,署名・捺印の上,再登校する際に学校へ提出してください。

>>治癒証明書をダウンロードする(PDF)

<出席停止の期間の基準>

インフルエンザ発症後5日,かつ,解熱後2日が経過するまで。
百日咳特有の咳が消失するまで。または,5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで。
麻疹(はしか)解熱した後3日を経過するまで。
流行性耳下腺炎耳下腺,顎下腺または,舌下腺の腫脹が発現した後5日間を経過し,かつ全身状態が良好となるまで。
風疹発疹が消失するまで。
水痘すべての発疹が痂皮化するまで。
喉頭結膜熱主要症状が消退した後,2日を経過するまで。
結核,
髄膜炎菌性髄膜炎
症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで。
感染性胃腸炎症状により医師において感染の恐れがないと認めるまで。
マイコプラズマ肺炎
溶連菌感染症
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎

ページの先頭へ戻る